MPS研究会 第19回 学術集会のお知らせ

筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会では、年に二回、会員を対象にした学術集会を開催しております。

この度、2017年度の第1回目として第19回 学術集会を以下の通りに行うことを決定いたしました。

今回の学術集会のテーマは、「上肢痛の“発痛源評価の標準化”と治療技術交流による多職種連携を目指して」です。

今回の講演では「肩肘関節傷害の発痛源の診断と治療ー基礎から動的診断,Hydro-Releaseまでー」と題して、横浜市立大学整形外科 宮武 和馬先生による講演と、「Fasciaに関する最新の解剖学的エビデンスについて」と題して、神戸大学医学部保健学科 荒川 高光先生による講演を行います。

その他、症例発表、エコー勉強会など多種多様なプログラムを準備しております。

参加資格は当会会員となっております。参加をご希望される方は当会への入会後(入会申し込み)に、参加申し込みをお願いいたします。

筋膜性疼痛症候群(MPS) 研究会 第19回 学術集会
日時 2017年6月24日 土曜日 17時00分~20時30分
2017年6月25日 日曜日 9時30分~13時00分
(懇親会:2017年6月24日 土曜日 21時00分~)
会場 高田馬場 エムワイ会議室
住所:東京都新宿区高田馬場1-29-9 TDビル3階
高田馬場駅 徒歩2分
メインテーマ 「上肢痛の“発痛源評価の標準化”と治療技術交流による多職種連携を目指して」
講演
(下記参照)
横浜市立大学整形外科 宮武 和馬先生
神戸大学医学部保健学科 荒川 高光先生
定員 200名(先着順)
プログラム

■6月24日 土曜日

17:00 Fascia総論

17:20 基調講演
肩肘関節傷害の発痛源の診断と治療ー基礎から動的診断,Hydro-Releaseまでー
横浜市立大学整形外科 宮武 和馬先生(整形外科医)

19:00 特別講演
Fasciaに関する最新の解剖学的エビデンスについて
神戸大学医学部保健学科 荒川 高光先生(医学博士・理学療法士)

21:00 懇親会

■6月25日 日曜日

09:30 連絡事項

09:20 会員プレゼンテーション

10:40 症例発表

11:10 エコー勉強会

13:00 終了

※都合により予告無く変更する場合があります。予めご了承願います。