歴史

筋筋膜性疼痛症候群に関する医学界での歴史は以下の通りです。

1983年 アメリカの医師Janet G. TravellとDr.David G.Simonsが執筆した『Travell & Simons’ Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual (筋筋膜性疼痛と機能障害: トリガーポイントマニュアル)』にて発表される。
1990年 Dr.David G. Simonsが筋筋膜性疼痛症候群の診断基準を発表
Page 2 of 8«1234567»...Last »